大腸の内視鏡検査は現代人にとって必修です

腸内の環境を知るには、朝食後必ず大便が出る人ならば大便の状態を知る事が出来ます。茶褐色で、硬くも無く軟らかくも無くでバナナの様な形状で、力まなくても出るのが理想的です。ちょっと汚ない事のようですが、人間が生きて行く過程で健康上、大変重要な事です。その日常的な便通が崩れ不規則になったら要注意で、腸内に細菌が増殖しています。コロコロした便や水便が続き血が混じったりしていたら、大腸の内視鏡(ビデオスコープ)検査を受けた方がよいです。検査を受ける際には、前日には消化のよい食事をして、夜8時以降の飲食は避けます。当日は、腸管洗浄の為洗浄液を飲用します。その後、肛門よりスコープを挿入し盲腸まで入ります。男女共に恥ずかしい検査の一つですが、現代人は大腸癌になり易いので、大腸癌を発見する為には避けては通れない検査です。

内視鏡による大腸検査について

健康診断などで便に血が混じっていたりすると、大腸にポリープ又は癌ができている可能性があります。かつては肛門からバリウムを入れて検査する方法が主流でしたが、近年では内視鏡による検査が一般的です。検査方法が変わった最大の理由は、バリウム検査では平坦型病変を発見するのは極めて困難だからです。他にもバリウム検査は放射線による被爆が避けられないことや、腸にかなりの空気をいれて膨らませるため、苦痛が大きいなどの理由が挙げられます。しかし、かつては内視鏡検査もそれなりの苦痛を伴うものでした。なぜなら器具を肛門から挿入しなければならないので、強い力で押し込むように突っ込んでいたからです。近年では技術の卓越した医師なら「軸保持短縮法」と呼ばれる方法で痛みを感じずに行います。これは腸の方を器具に引き寄せるように入れていくため、従来のような痛みが無いためだと言われています。

大腸の検査を内視鏡で行う

大腸の検査で一般的な方法といえば、内視鏡を使った方法です。今は痛みも軽減されていますが、それでも苦しいといいます。医師や技師の技術力によっても痛みや苦しみは異なります。ですから評判のよい医療機関を選んで検査をしてもらうと良いでしょう。日本人は大腸がんに罹患をする人が多いと言います。がんは早期発見をすることで早期に対応をすることが出来るので、1年に1度は検査を受けたほうが良いです。異常を感じなければ、中々受ける機会のない検査ではありますが、それでも異変を感じた場合にはすぐにでも検査を受けるようにすると良いです。人間ドッグを受ける場合にも受診をすることがあります。検査の準備もかなり大変ですし、経験が少なければ緊張もしてしまいます。その緊張も緩和するような工夫をしている医療機関も最近では増加をしています。

他のクリニックよりも割安な特別料金でさまざまなサービスを提供し、満足いく診察内容を提供しているので是非お越しください。 当院の診察及び予約受け付けは午前9時から午後19時、火曜日は午後14時まで、土日は午後16時までとなっております。 大腸内検査ができる対象エリアについて、横浜市やその近隣の市町村などを中心に受診してもらうことができます。 診療予約はケイタイサイトからのご予約も承っております。 大腸内視鏡の検査ならたまプラーザへ