病院に行く前に痔について知っておくこと

痔というのは、肛門部分の周辺が圧迫されて血などの流れが滞ることで起こるものです。さまざまな要因から起こります。まずは生活習慣によるものということもあります。運動が不足していたり、栄養が偏ったりするなどして健康的な生活を遅れていないとこのような症状が起こることもあります。そして次に排便などで起こる出血があります。これは直立で二足歩行をする人間ならではのもので、頭の方向に血液が送られる為に、長い時間立っていたり、ずっと座っていると起こることがあります。これは肛門の一部に排便時に負荷が掛かってしまい、それにより許容範囲を超えた部分が切れてしまうことがあります。しかし排便時の出血というのは、必ずしも切れたことによるものではなく、直腸や内蔵部分からの出血もあるので注意が必要であります。こういった場合には対処法なども違うので、どの種の痔なのかなどを調べる為に病院での検査を受けることが良いです。内蔵からの出血も考えられるので、病院などで早期検査をすることが重要となります。このように痔というのは生活習慣などの変化により起こりうるものですので、まずは生活習慣をしっかりとし、栄養なども偏ることもなくする必要があります。そして適度な運動や疲れがある場合には休息をとることが重要となります。

痔になったら病院へ行きましょう

病気を疑うと病院へ行きますが、痔を疑ってすぐに行く人は少ないように思います。市販の薬もありますし、恥ずかしいという理由が一番です。少々出血したり、痛みがあってもよくあることだし、薬を塗れば大丈夫と軽く考えがちですが、痔はひどくなると大変苦痛です。治療もですが、日常生活に支障が出ることもある怖い病気です。ひどい場合は手術も必要になるかもしれません。しかし、生活習慣やストレスも病気の原因になることから、男女共になりやすいとても身近な病気です。特に女性は、妊娠や出産をきっかけになる人や悪化する人が多いです。妊娠や出産が終われば治る人もいますが、なかなか治らない人は専門の肛門科で、きちんと治療するべきです。恥ずかしいという気持ちもありますし、小さい子どもがいると病院へ行くことも難しいですが、肛門科には、同じように治療を受けている女性も多いですし、一度勇気を出して受診していただきたいです。放置して不安を溜め込むよりもきちんと治療するほうが精神的にも身体的にもベストです。どんな病気も早期発見、早期治療が大事ですから、自分や家族の体に痔を疑うことがあれば、男女共に早い段階で受診するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*