痔の手術で病院へ行くときに注意すること

痔の症状はおそらく、便をした時にティッシュペーパーに血がつくか、あるいは便器に血がついてびっくりして病院へ行くのだと考えられます。ほとんどが痔と診断されますが、なかには大腸がんとか大腸ポリープだったという可能性もあります。だから、自己判断することなく場所が場所だけに恥ずかしいとは思いますが、自分の命を守るために病院へいって下さい。なお、ガンでなかったと検査で診断された場合は軽い症状なら軟膏でなおりますし、酷い場合なら手術です。しかし、今の手術は簡単でとても安全です。さらに、手術で長い間の悩みが消えるのであれば休養だと思って手術をするといいかと考えます。そして、この疾患の原因は排便時のトラブルがおもな理由と考えられています。病院の治療で痔がなおったら、食物繊維のものをたくさん食べてお風呂は半身浴で下半身を温めて、寝る前に腹式呼吸をして寝る。さらに起きた時に牛乳を1杯飲んでごはんを食べる。そうすれば、便秘しらずの体になり、この病気の予防になるのは間違えありません。さらに、便通がなおるということは、肌がきれいになり痩せてくるということです。病気にはならないわ、美容上の効果はあるはで一挙両得ですね。

妊娠中の痔も薬は使える

妊娠するとホルモンバランスの影響から、皮膚が乾燥しやすくなります。さらに便が固くなってしまったり、消化器運動も低下するために、便秘になりやすくなります。普段は便秘が無くとも、妊娠したとたんに便秘になってしまう妊婦さんは非常に多いです。これらのことが重なり、結果として妊婦すると痔になってしまう妊婦さんは多いです。まずは便秘薬を使って便秘を防ぐことが大切です。飲んでいると便を柔らかくする、妊婦さんが使用しても赤ちゃんに差し支えのないものがありますので、便秘になり始めたらすぐに医師に相談をしましょう。それでも痔になってしまった時には軟膏を使います。妊娠中はあまり薬を使わない方が良いとされますが、軟膏などは使っても問題ないものが多いです。我慢していると、どんどん症状がひどくなることもありますので、早めに医師に相談をして軟膏を処方してもらいましょう。市販の薬局で販売されているものもありますが、自己判断で妊娠中に市販のものを使うことは避けましょう。必ず医師に妊娠していることを伝えて処方してもらったものを使いましょう。産婦人科でも処方可能なはずですので、妊婦検診のついでに相談するのが一番良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*