痔を確実に治療するなら病院で

痔というのは患部や症状の内容もあって、できれば周囲に知られたくない病気です。また、よほどひどくならない限りは日常生活に大きな支障がない場合もあるため、自覚症状が出ても放置したり、自己判断により市販薬で治療するという人も多いのではないでしょうか。もちろん近年は市販薬も良いものがたくさんあります。市販薬での治療であっても、早期段階で始めれば十分な効果を得られるでしょう。しかし、進行度合いや症状によっては、手術をはじめとした病院での治療が必要な痔もあります。再発防止のためにも、やはり通院が最善の方法ではないでしょうか。「どの病院に行けばいいのかわからない」という人は、まず内科でも外科でもかかりつけ医に相談してみましょう。付き合いの長いかかりつけ医なら体調や気をつけるべきことまで考慮した上で、きっと希望の治療を受けられる専門医を紹介してくれるはずです。また、「肛門科に行くのは恥ずかしい」という人には、まず総合病院での受診をおすすめします。受付で症状を説明すれば適切な科に案内してもらえますし、さまざまな診療科目があるため入っていくところを知り合いに見られたとしてもどの科に用があるかはわかりません。いずれにしても、自覚症状が出たら早めに受診してください。悪化を防ぎ、完治を早めるにはそれが一番です。

痔は病院で診てもった方が良い

痔とは肛門にできる病気のことで、その種類も色々あってイボじやキレじなどがあげられます。そして恥ずかしい病気と勘違いして、病院に行きたがらず我慢する人が多く存在しています。しかし放っておくと痛みはどんどんひどくなり耐えられないほどの痛みを伴うので早めの治療が求められます。仕事中椅子に座るのも辛く、仕事に支障を来すことも考えられます。キレじは硬い便を無理に出すことで肛門が切れたり傷ついたりするもので、イボじは排便時に力を入れることで血流が圧迫され、血液の循環が悪くなり血管が膨らんで血豆のようになったものです。それらが便の細菌などに感染すると化膿したりすることもあるので注意が必要です。その場合は、最悪手術しなければならないこともあります。痔に効く薬としては市販されているものも多いので、ドラッグストアーなどで購入できたりもします。テレビコマーシャルでも様々な薬が宣伝されているのを良く見かけます。症状が軽い場合は、市販の薬でも治るかもしれませんが、症状が酷くなった場合は病院で診てもらうことが大切です。痔は恥ずかしい病気、人になかなか相談しにくいなどと思っている人が多いかもしれませんが、決してそうではありませんし、多くの人が同じような症状で悩んでいる病気なのです。恥ずかしがらずに病院で早期に診てもらうのが効果的なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*